生活費が欲しくてキャッシングを活用した土方「仮名」さんの体験談

10:01 AM on 2013年11月7日

私は50代で、細々と自営業をやっている者です。
商売はそんなに儲けがあるわけでもありませんが、赤字で困っているというわけでもありません。
生活も普通にやっていれば苦しいということもないのですが、
やはり出費の多いときは一気にお金が出て行くもので、
このままでは生活費が足らないという事態に陥ったことがありました。
そのときはどうしようかと困った末に、キャッシングで対応することに決めました。
10万円ほど必要だったのですが、年も年なので貸してくれるか心配で、
銀行と消費者金融で5万円ずつ借りることにしました。いざというときの即日振込の借入
どちらとも無事キャッシングすることができ、現在はもう完済できています。
心配かけたくなかったので、家族の誰にも相談せずにキャッシングしました。
結果的に生活費も工面できたし、無事に完済もできたので良かったのですが、
隠し事をしているということは自分自身に本当にストレスになります。
これからもキャッシングのお世話になるかもしれませんが、
そのときは家族にちゃんと話そうと思います。

クレジットカードのキャッシング枠も利息制限法の規制を受ける Comment

7:32 AM on 2013年8月5日

クレジットカードのキャッシング枠は、借り入れを意識して作らなくても、法律の規制を受けています。
利息制限法と貸金業法で、その中でも総量規制は関係しています。
カードローンなどの小口融資と同じで、上限金利が法律で規制されています。
その枠が、10万円未満は年20%、10万円から100万円までは年18%、それ以上が年15%の上限金利が定められているのです。
それ以上の金利が規定されていたら、それは支払う必要はありません。
過払いの対象です。
しかしクレジットカードのついているキャッシングについてはこの心配は皆無です。
一定の信用力がある会社が発行しているので、安心してご利用できます。
しかし、総量規制は自身で気を付けなければなりません。
銀行のカードローンを除いて、消費者金融とクレジット会社の貸し出しは総量規制の対象になります。
他でカードローンのカードを作ろうとしたとき、総量規制でそのカードが否決されることもあるのです。
クレジットカードのキャッシング枠であってもやはり借入なのです。
http://www.wvgumbo.com/entry1.html

無利息期間のキャッシング即日融資を利用するという選択肢 Comment

8:51 AM on 2013年7月11日

いきなりお金が必要になったけど、工面できるお金がすぐに出来ないという場合、キャッシング即日融資を利用するという方法を使った人は沢山いると思います。
http://cachorrosouthcourt.com/entry1.html
実際には返済できる範囲で利用するということになるのですが、もし、早い期間で返済できることが確実に出来るようであればお得な無利息期間のキャッシングを利用するという方法もあるのです。
こういった返済が出来る会社は限られているのですが、大抵の場合、借りてから最初の30日は利息がかからないという風に決められているシステムを利用したとして30日以内に返済することが出来るようであれば利息がかかることもなく返済することが出来るということになります。
この方が場合によってはお得になりますよね。
キャッシング即日融資の大半がやはり若干の利息がかかってきますし、これらの利息は最低限、省きたいものです。
早めに返せる計画が可能な場合、こういった方法を選ぶというのも賢い返済方法といえますので状況によっては検討してみると良いでしょう。

カードローンの総量規制対策・具体例 Comment

9:49 AM on 2013年6月15日

カードローンの総量規制が始まって、お金を新たに借りられなくなってるという事態が起きてる人が、居ることでしょう。
厳しい法律施行のあおりを受けて困ってる場合は、この方法を試してみて下さい。
きっと、安心出来ると思います。
この、総量規制の対象となるのは、貸し金業者です。
だから、銀行・信用金庫などの金融機関であれば、除外されます。
そのため、銀行系のカードローンを作れば、問題が解決するでしょう。
その際、少しだけ借り入れ限度額の高い契約をして、総量規制の対象となるカードから銀行系の方へ残高を移し変えれば、難なく問題をクリア出来ます。
また、残高を移し変えなくても、非常時のために作った銀行枠を残しておくという手段を執っても、問題の解決にはなるでしょう。
しかし、銀行系のカードを作る場合、消費者金融の方を解約しなければならない条件のものがあります。
その時は解約しても、打てる手はあるのです。
銀行系のカードは規制対象外なので、改めて消費者金融系のカードを作れます。